俳優イ・テファンが率直な告白でお茶の間を驚かせた。

先日8日に放送されたチャンネルA金土ドラマ『タッチ(原題)』では、7周年ファンミーティングをすることになったカン・ドジン(イ・テファン)がファンの前でこれまで隠してきた秘密を打ち明け話題の中心になった。

先に新しい所属事務所を探したドジンは、現所属事務所の代表パク・ジェミョン(パク・ジュングン)に過去自分の熱愛報道を止めるためスヨン(キム・ボラ)の暴行映像を流出させたという事実を聞くこととなった。結果、一番親しい友人であり愛するスヨンの夢をダメにした張本人になってしまったドジンは、大きな衝撃と自責の念にかられていた。

この後、ドジンはドラマ撮影現場の控室に一人座り、マネージャーであるチェウォン(イ・スジ)に「このことをみんなが知ったらどうなるだろう?みんな僕を恨むだろう?数千件のいいコメントがついても、ベッドに横になると悪質コメント数件だけが記憶に残る。それなのに、スヨンはそのたくさんの悪質コメントをどう耐え抜いたんだろうか?」と言い現実を受け止めた率直な気持ちとスヨンへの申し訳なさを打ち明けた。

多くの悩みの中7周年ファンミーティングを開催したドジンは、現場で自分を心配するスヨンを見て様々な感情に襲われ、これまでの全てのことを正直に話した。それだけでなく、「僕のせいで一番の親友の夢がダメになってしまった。その友達にはとても申し訳ないと謝りたい。ファンに対しても申し訳ない」と正直な気持ちを伝え、涙を見せドジンの姿はいつもより大人らしくか弱かったが力強かった。

イ・テファンは万人に愛されるスーパースターであるドジンがこれまで積み重ねてきたものを諦め真実を伝える過程を淡々とそして正直に表現した。特にファンミーティング中にゲームをするシーンでは、まるで実際にファンたちと会った時のように甘い眼差しと幸せな微笑みを見せ、過ぎた誤ちを打ち明けるシーンではセリフ一つ一つが申し訳なさと重い気持ちをさらけ出し視聴者たちをドラマに引き込んだ。

一方、ドジンの驚きの告白で新しい展開を迎えたドラマ『タッチ(原題)』は、毎週金・土曜日夜10時50分にチャンネルAで放送される。


出処:Queen